アロマの基礎知識から最新情報まで幅広く紹介します

アロマのすべて

アロマの楽しみ方

アロマテラピーを楽しむには どのような方法があるのか紹介します



目次

◊芳香浴法
◊沐浴法
◊吸入法
◊フェイシャルスチーム
◊湿布法
◊トリートメント法


 

芳香浴法

空気中に精油を拡散させる芳香浴は最もポピュラーな方法です。
精油を拡散して香りを楽しむことで、心と身体のバランスを整える方法です。

〈楽しみ方〉
・ハンカチやティッシュペーパーに精油を1~2滴垂らしてデスクや枕元に置きます。
・アロマディフューザーやアロマポットなどの専用器具を用います。

〈注意点〉
精油の使用量を守り、長時間の使用は避けましょう

 

沐浴法

浴槽などの湯に精油を落とし、全身または一部を浸ける方法です。
入浴の効果に精油の効果が加わることで、相乗効果が期待できます。

〈楽しみ方〉
・浴槽や洗面器に適温の湯をはり、精油を落とし、よくかき混ぜてから浸かります。
 精油の使用量の目安:全身浴1~5滴、半身浴・手浴・足浴1~3滴

〈注意点〉
精油の使用量を守り、事前にパッチテストを行いましょう
 

 

吸入法

精油成分が鼻から脳に届き、呼吸器系の不調を緩和する方法です。

〈楽しみ方〉
マグカップに80℃くらいの熱めのお湯に精油を1~3滴落とし、立ち上がる香りの湯気を目を閉じて吸い込みます。

〈注意点〉
精油の使用量を守り、目を閉じて吸入しましょう

 

フェイシャルスチーム

蒸気を顔全体にあてるフェイシャルスチームは、
のどの痛みや鼻水、鼻づまりをやわらげるのにおすすめです。
肌の老廃物を取り除く効果もあります。

〈楽しみ方〉
洗面器に80℃くらいの熱湯をはり、精油を1~3滴落とします。
乾いたバスタオルをかぶって蒸気を逃がさないようにして蒸気を顔にあてます

〈注意点〉
精油の使用量を守り、目を閉じて吸入しましょう

 

湿布法

湿布には温湿布と冷湿布があります。
湯(または水)で温めた(または冷やした)タオルを、身体の一部にあてる方法です。
一般に、温湿布は肩こり、腰痛、生理痛など慢性のトラブルに、冷湿布は急性のトラブルに効果的です。

〈楽しみ方〉
洗面器に湯(または水)を入れ、精油を1~3滴落とします。
タオルを縦に二つ折りし、中央部をたるませて湯(または水)をすくい取るようにして付着させます。
精油を含む面が内側になるように折りたたんでから軽くしぼり、湿布する部位に当てます。

〈注意点〉
皮膚に直接触れるので、湿布する時間に注意して肌に異常が出たらすぐに使用をやめましょう

 

トリートメント法

精油を希釈したトリートメントオイルを身体や顔に塗布する方法です。
保湿、整肌、血行促進、筋肉の凝りをやわらげるなどの効果があります。

〈楽しみ方〉
植物性のオイルをベースに、精油を1%以下(フェイスの場合は0.5%以下)の希釈濃度になるように
混ぜたトリートメントオイルを、肌にやさしく塗布します。

〈注意点〉
希釈濃度に注意して、事前にパッチテストを行いましょう

投稿日:2019年9月22日 更新日:

Copyright© アロマのすべて , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.