2021年ニュース

CES2021 自動車メーカーまとめ

投稿日:

メルセデスベンツ

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は1月11日、米国でデジタル開幕したCES 2021において、「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)の新機能、「メルセデストラベルナレッジ」を発表した。

メルセデス・ベンツ、高級EVセダン「EQS」に採用する「MBUXハイパー ...

「MBUX」は、メルセデスベンツの新世代のインフォテインメントシステムだ。このシステムの特長は、人工知能(AI)によって学習することにある。MBUXはカスタマイズ可能で、ユーザーに適応する。無線通信での更新も可能だ。タッチスクリーンで操作する高解像度のワイドスクリーンコックピット、拡張現実(AR)技術を備えたナビゲーションディスプレイ、「ハイ、メルセデス」で音声アシストが起動するインテリジェントな音声コントロールが含まれている。

質問に車載ディスプレイと音声アシストが回答

このインテリジェントな機能は、地図データと車両周辺のデータを検証し、個々の建物や名所から都市全体まで、ルート沿いの興味深いランドマークに関する多くの情報を提供する。ドライバーや乗員は、「ハイ、メルセデス。この建物について教えてください」など、MBUXに質問することができる。

また、「ハイ、メルセデス。左に見えるレストランの名前は何ですか?」と質問すると、そのレストランの情報が車載ディスプレイに表示されるだけでなく、音声アシスタントによって回答される。クラウドを介したMBUXの柔軟なアップデートシステムのおかげで、この機能は『EQS』に加えて、新型『Sクラス』でも利用できるようになるという。

MBUXの最新版「MBUXハイパースクリーン」

このメルセデストラベルナレッジは、MBUXの最新バージョンを搭載する「MBUXハイパースクリーン」でも利用できる。MBUXハイパースクリーンは人工知能(AI)を利用して、インフォテインメント、快適性、車両機能の操作と表示を、新しいレベルに引き上げているのが特長。大きく湾曲したスクリーンユニットが、ダッシュボードの横幅いっぱいに配置される。これにより、直感的で簡単かつ、感情的なデジタル体験を可能にするという。

EQS向けの最新MBUXシステムは、8CPUコア、24ギガバイトRAM、46.4 GB /秒のRAMメモリ帯域幅を持つ。1台の多機能カメラと1台の光センサーの測定データを利用して、画面の明るさを周囲の条件に適合させることができる。マッサージプログラムから誕生日のリマインダー、やることリストの提案まで、20以上の機能が人工知能(AI)の助けを借りて自動的に提供される。

学習可能なソフトウェアにより、表示や操作がユーザーに適応し、インフォテインメント、快適装備、車両機能について、ユーザーに最適な提案を行う。いわゆる「ゼロレイヤー」(最も重要なアプリケーションにアクセスするには、0のメニューレベルをスクロールする必要がある)のおかげで、サブメニューをスクロールしたり、音声コマンドを実行したりする必要がない。最も重要なアプリケーションは、常に状況に応じてトップレベルに表示される。

タッチスクリーンの下には、操作中の触覚フィードバック用に合計12個のアクチュエータが内蔵された。指が特定のポイントに触れると、カバープレートに目に見える振動が発生する。

ディスプレイの有効面積は2432.11平方cm

MBUXハイパースクリーンの湾曲したスクリーンは、複数のディスプレイがシームレスに融合しているように見える。エアダクトは、この大型デジタルディスプレイと一体設計された。スクリーンの幅は141cmに達する。ディスプレイの有効面積は2432.11平方cmだ。鮮やかな表示を追求するために、OLEDテクノロジーが中央と助手席側のディスプレイに使用されている。すべてのグラフィックには、青とオレンジの配色が使われた

MBUXハイパースクリーンは、プラスチック製のフレームに囲まれている。「シルバーシャドウ」と呼ばれる3層コーティングシステムは、非常に薄い中間層を持ち、高品質の表示を実現するという。MBUXハイパースクリーンの下部にはアンビエント照明が組み込まれており、ディスプレイユニットがインストルメントパネルに浮かんでいるように見える。

MBUXハイパースクリーンは、最大7つのプロファイルでコンテンツをカスタマイズできる。助手席前方のディスプレイには、エンターテインメント機能がある。助手席に乗員がいない場合、メルセデスベンツのパターンとして、アニメーション化された星が表示される。

MBUXハイパースクリーンは、直感的な操作を可能にする。EVモードで走行している場合、ブーストや回生などのEVパワートレインの状態が、クラスプを使用した新しい方法で視覚化される、としている。

BMW

BMWは1月11日、米国でデジタル開幕したCES 2021において、次世代の「BMW iDrive」をプレビューした。2021年後半、正式発表される予定だ。

BMWが次世代「iDrive」のインフォテインメントシステムを先行公開 ...

BMW iDriveの第1世代がデビューしてから20年が経過した。BMWはCES 2021において、ディスプレイとオペレーティングシステムの次の章を発表した。ドライバーと車両の相互作用を、新しいデジタルでインテリジェントな時代に導くのが狙いだ。

2001年に7シリーズに初搭載されたBMW iDrive

BMW iDriveシステムは2001年、当時のBMW『7シリーズ』に初めて採用された。20年前、BMWは車内に増え続けるボタンの波を逆転させるパラダイムシフトを推進した。2001年、当時の7シリーズで初めて導入されたBMW iDriveオペレーティングシステムは、増え続けるボタンとコントロールを備えたコックピットを一新したという。

BMW iDriveでは、インストルメントパネルにコントロールディスプレイと、センターコンソールにiDriveコントローラーの回転式ダイヤルを装備した。この多機能システムにより、ドライバーはひとつの操作ツールで多くの車両設定、エンターテインメント、ナビゲーション、通信機能をコントロールすることが可能になった。さらに、7シリーズは音声制御技術を搭載した最初の車であり、音声コマンドを使用して選択した機能をアクティブにすることができた。

iDriveコントローラーと音声制御により、車載システムの操作が大幅に簡単かつ安全になった。以前は、ドライバーが個々の機能ごとに異なる専用ボタンを見つけて操作する必要があった。現在では、センターコンソールのコントローラーに手を置くだけで操作できる。

iDrive同様のシステムが業界標準に

また、インストルメントパネルの中央のコントロールディスプレイに、情報を迅速かつ安全に表示できるようにした。数年の間に、このような装備が業界標準に変化した。他の多くの自動車メーカーも、ディスプレイとコントローラーの組み合わせを採用している。

BMWは、iDriveの登場以来、直感的な車載システムの操作の分野において、主導権を握ってきたと自負する。これは、競合他社のシステムに対する優位性を常に構築する開発の絶え間ないプロセスのおかげという。例えば、個別に選択した操作ステップを保存するためのお気に入りボタンが導入された。

そして、メニューの最も頻繁に使用される機能へのアクセスを高めるダイレクト選択ボタンと、ユーザーが文字を直接入力できるタッチコントローラーが登場した。2015年には、7シリーズにタッチコントロール付きのコントロールディスプレイが採用されている。

次世代iDriveは車とドライバーの関係を新しいレベルに引き上げる

次世代のBMWiDriveは、BMW車とドライバーの関係を新しいレベルに引き上げることを目指す。新しいシステムは、アナログ技術とデジタル技術の間のギャップを埋めるという。

デジタルインテリジェンスが車両に導入され、最適化されたセンサーにより、周囲の状況を認識して分析できるようになる。その結果、運転や駐車などをさらに自動化できるようになる。リアルタイムデータを利用したクラウドベースのサービスも強化される。

これは多くの状況において、車両がドライバーよりも多くの情報にアクセスできることを意味するという。たとえば、他のBMW車から危険警告を受信して表示したり、目的地の駐車スペースの空き状況を予測したりできる。車載のディスプレイとオペレーティングシステムも進化する。

次世代のBMWiDriveは、インテリジェントに接続された車両の可能性をこれまで以上に幅広く活用するように設定される。これにより、モビリティエクスペリエンスがさらに安全で、快適で便利になり、多様性がさらに高まる、としている。

キャデラック

キャデラックは1月12日、米国でデジタル開催中のCES 2021において、新型EVの『セレスティック』(Cadillac CELESTIQ)を開発していると発表した。

キャデラック、最上級EVセダン『セレスティック』開発中…CES 2021 ...

セレスティックは、キャデラックブランドの新たなフラッグシップセダンとなる。ラグジュアリーEVの新しい基準を設定するために開発されているセレスティックは、エンジニアリングとテクノロジーを再定義するというキャデラックの取り組みを具体化しているという。

GMの第3世代のEVプラットフォーム

セレスティックのベースは、GMが新開発した第3世代のEVプラットフォームとなる。GMの新世代EVプラットフォームは、柔軟性があると同時に、設計や開発にかかる時間を短縮し、顧客の要望に迅速に対応することを可能にした。キャデラックをはじめ、シボレー、GMC、ビュイックの各ブランドのさまざまな車種に、GMの新世代EVプラットフォームは拡大展開される予定だ。

GMの新開発グローバルEVプラットフォームは、優れたデザイン、パフォーマンス、パッケージング、航続を追求している。GMが新開発した「アルティウム」バッテリーも採用される。アルティウムは、大容量のパウチ型セルをバッテリーパック内で垂直にも水平にも積み重ねることができるのが特長だ。これにより、エンジニアは各車両のデザインに応じて、バッテリーの蓄電容量やレイアウトを最適化することができる。

アルティウムバッテリーの蓄電容量は、50~200kWhだ。アルティウムバッテリーによって駆動するEVは、レベル2の直流(DC)急速充電に対応して設計されている。多くの車両が、400Vのバッテリーパックで最大出力200kWの急速充電機能を備える。自社開発による電気モーターは、前輪駆動(FWD)、後輪駆動(RWD)、全輪駆動(AWD)、パフォーマンスAWDに対応している。

力強い存在感を備えたデザイン

セレスティックの設計とエンジニアリングチームは、新しいスペースを活用し、最先端のテクノロジーを巧みに統合する機会を模索した。その結果、力強い存在感を備えたデザインが生まれたという。

セレスティックには、厳選されたハンドメイドの素材を使用し、顧客の個性を反映するようにデザインされる。セレスティックには、4輪ステアリングやフルガラスルーフが装備されている。

セレスティックのインテリアは、ドライバーと乗員にカスタマイズ可能なエクスペリエンスを提供することを目指している。

スマートルーフガラスを備えた最初の市販車のひとつに

セレスティックは、スマートルーフガラスを備えた最初の市販車のひとつになる見通しだ。このスマートガラスでは、各乗員の好みに応じて、ガラスルーフの透明度を設定できる。

フロントシートの乗員向けには、ドライバーの注意散漫を軽減するのに役立つアクティブなプライバシー機能を備えたフリーフォームディスプレイを採用する。後席の乗員には、パーソナライズされたエンターテインメントモニターが装備される。前席と後席の間のコンソールディスプレイには、注意散漫を最小限に抑えるために、空調などの設定機能をエンターテインメントディスプレイから独立させている。

キャデラックは、セレスティックは将来のフラッグシップセダンとして、キャデラックのパイオニア精神を具体化し、ラグジュアリーEVの新基準を設定することに焦点を当てていく、としている。

ソニー

自動運転技術企業のAImotiveは1月12日、米国からデジタル開催中のCES 2021において、ソニーのプロトタイプEVセダン、『VISION-S』に同社の自動運転技術が搭載された、と発表した。

ソニーが描く未来のクルマ!「VISION-S」試作車に乗った - CES 2020 ...

AImotiveはハンガリーに本拠を置き、自動運転技術を開発している。190人を超えるエンジニアが米国や日本、ハンガリーのオフィスに勤務。AI(人工知能)ベースの自動運転ソフトウェア、高速で総合的なシミュレーション、開発・検証ツール、高性能なニューラルネットワーク推論ハードウェアという自動車業界における3つの重要課題に取り組んでいる。

AImotiveは、ソニーとの協力を発表した。この協力は、同社の自動運転ソフトウェアスタックを、ソニーのVISION-S プロトタイプで進歩させることを目的としている。

ソニーはCES 2021において、VISION-Sのアップデートを発表し、すでにプロトタイプが公道試験中であると明らかにした。AImotiveとソニーは協力して、AImotiveのレベル2+の自動運転技術を導入し、VISION-Sが高い安全基準を満たすことを確実にしていくという。

なおAImotiveは、レベル2からレベル4の自動運転向けの「aiDrive」ソフトウェアスタックと、開発、シミュレーション、検証ツールの「aiSim」の新バージョンを2021年第1四半期(1~3月)の後半に発表する予定、としている。

-2021年ニュース
-, , , ,

Copyright© 自動車業界ニュース|MaaS・CASE , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.