2020年ニュース

かばんに入るEV!持ち歩けるクルマの脅威

投稿日:

東京都渋谷区のベンチャー企業、ココアモーターズは、”カバンに入れて持ち歩けるクルマ”「WALKCAR®️(ウォーカー)」の国内先行販売を6月9日より当社公式サイト上にて開始した。

カバンなどに入れて電車やバスに乗り込み、到着した駅やバス停からのラストワンマイルの移動などで使う。駐車場や駐輪場が不要な点が、他の1人乗りモビリティーと大きく違う点だ。

天板部に両足を乗せ重心移動で操縦する(撮影:日経クロステック)

ノートPC感覚で持ち運べるこのクルマは、既存の交通インフラに依存しない新しい生活スタイルを提供。「歩く」か「WALKCAR」か、いつでも選択できる時代が近い将来現実になるかもしれない。

製品の特長

13inchノートPCサイズ
ノートPCサイズはカバンに入る携帯性に加え、安全性にとっても最適な形。地面からわずか74mmの車高、そして四面フラットな搭乗面により、とっさの場面でも前後左右に安全に降りることができる。

本体重量2.9kgの実現
「超軽量」「しなやかな走り」を実現するカーボン素材を本体フレームに。四輪独立サスペンションに必要な強度を持たせるため、「ゼロ戦の主翼」にも採用された「超超ジュラルミン」素材を使用。

ハンズフリー操作・自動停止機能
搭乗面に内蔵されたセンサーによって、ハンドルやリモコンを必要とせずに加速・減速・曲がる動作を重心移動を基本とした直感的な操作で行うことが可能。またWALKCAR®️から降りると足元で自動停止する安全設計を搭載している。

世界最小ダイレクトドライブモーター
5年間の開発により実現したWALKCAR®️専用モーター。溶接接合で完全に一体化されたボディは、ネジ類のスペース等を削減させ、コイルのスペースを極限まで最大化。最高時速16km/h、勾配10度の上り坂走行を可能にした。

公道走行に立ちはだかる法律の壁

WALKCAR®️は、ココアモーターズ社長の佐藤国亮氏が大学院修士課程在学中の11年に開発を始め、16年には試作機を完成させた。ただ、当時は走行性能や耐久性などが目標値に届かず、そこから4年かけて満足のいく性能値まで仕様を向上してきた。そして、延べ9年の開発期間を経て量産・販売にこぎ着けた。初期ロット300台は完売し、需要に応じて増産を計画する。

ようやく日の目を見た同車両であるが、最高時速6キロを超えることから、公道を走る際にはナンバープレートを取り付ける必要がある。また、第一種原動機付き自転車(原付一種)を運転可能な免許も必須だ。国が定める保安基準にのっとって、ヘッドランプや方向指示器などの機器も追加しなくてはならない。公道を走るためのハードルは高く、現実的ではない。

日本での利用者は、基本的に私道や公園など特定の走行可能なエリアで使うことになる。最高時速を6キロ以下に落とすなどして歩道を走れるようにする手段もあるが、「(6キロ以下では)利用者の行動範囲を広げる目的を果たせず、商品価値は著しく下がる」(佐藤社長)とし、現在の最高時速16キロにこだわる。

ただ、このままでは利用シーンが限られ、販売台数を大きく伸ばすことは難しい。同じように、数キロの移動を目的とした1人乗りの小型車両は、世界中で生まれては消えている。代表格の「セグウェイ」(米セグウェイが開発・販売、現在は中国企業の傘下)は20年7月に米国生産を終了した。セグウェイは、普及が見込めない左右2輪車から、欧米で人気の高い電動キックボード(キックスケーター)に事業の軸足を移した。

電動キックボードは、次世代移動サービス「MaaS(マース)」に組み込む車両として日本でも期待を集める。20年下期から、各地で公道上の実証実験が始まり、1人乗りモビリティーの有力候補として注目度が高い。実用的な電動キックボードに対して、持ち運びやすさや乗り味などで優位性を示せるかが、WALKCAR®️の普及に向けた鍵となりそうだ。

製品仕様

製品名                                :WALKCAR®️
販売価格                             :198,000円(税別)
本体重量                             :2.9kg
大きさ                                :13inch(ノートPCサイズ)
寸法(縦・横・高さ)           :215 mm × 346 mm × 74 mm
最高速度             :16km/h (スポーツモード時)、10km/h (ノーマルモード時)
航続距離(1回充電あたり)       :5km (スポーツモード時)、7km(ノーマルモード時)
最大登坂能力                       :10度 (積載重量60kgかつ当社試験環境での値)
満充電にかかる時間              :60 分
積載重量                             :最大80 kg、最小30kg

公式サイト https://www.cocoamotors.com/

-2020年ニュース
-, ,

Copyright© 自動車業界最前線|MaaS・CASE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.