2020年ニュース

観音開きの独創的デザイン マツダ新型MX-30発売|EVは2021年1月 に発売

投稿日:

マツダより、新世代商品群の第3弾である新型コンパクトSUV 「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」のマイルドハイブリッドモデルを2020年10月8日から発売した。価格は242万円~339万3500円(消費税込み)。MX-30のEVモデルは、2021年1月に発売を予定している。

MAZDA MX-30 今秋発売|コンパクトSUV|マツダ

マツダの新型コンパクトSUV! MX-30の主な特徴

「わたしらしく生きる」をコンセプトに、MX-30は車とともに自然体で自分らしい時間を過ごすことを目指し、創造的な時間と空間を提案する、コンパクトSUVである。その創造的な時間と空間は、親しみやすさや温かみを感じるデザイン、開放的で創造性をかき立てるセンターピラーレスのセンターオープン式ドア構造“フリースタイルドア”、そして心地の良い室内空間を実現している。 また技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」にもとづき、MX-30は直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M ハイブリッド」を組み合わせた 「e-SKYACTIV G(イー・スカイアクティブ・ジー)」を搭載。これにより、静かでスムーズな加速と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を両立している。

■シンプルなグレード構成と落ち着いたカラー MX-30のグレード構成は1機種のみの設定とした上、必要な装備をニーズや嗜好にあわせて選択できるオプション群「Your Original Choice(ユア・オリジナル・チョイス)」を設定した。 またボディカラーは、3色のフレームドトップを採用した3トーンカラーと、4色のモノトーンカラーを設定。 インテリアコーディネートは、モダンをテーマにしたホワイト系の「モダン コンフィデンス」と、ブラウン系の「インダストリアル クラシック」がオプション設定されている。

MX-30 100周年特別記念車の詳細が少しだけ公開されています。 | K-BLOG ...

豪華な装備! 100周年特別記念車も発売

1920年に東洋コルク工業として産声を上げ、2020年に創業100周年を迎えたマツダ。それを記念し、1961年にマツダ初の乗用車として発売された『R360クーペ』をオマージュしたカラーコーディネートに身を包んだ「100周年特別記念車」をマツダの新たなコンパクトクロスオーバー『MX-30』にも設定。エクステリアとインテリアに特別装備を施した。
今回同時発売される「MX-30 100周年特別記念車」には、ベース車に対して特別装備の他に以下の装備が追加される。
■創立100周年スペシャルロゴ(フロントヘッドレスト(エンボス加工)/ホイールキャップ/オーナメント/アドバンストキー/アドバンストキー化粧箱、フロアカーペット(レッド)、フロアマット(レッド))
■ベーシックパッケージ/セーフティパッケージ/ユーティリティパッケージ/360°セーフティパッケージ/ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー
■インテリアパッケージ(シート素材:クロス(ブラック)+合成皮革(レッド))
■エクステリアパッケージ(専用ボディカラー:2トーンセラミックメタリック/マローンルージュメタリック)

マツダ MX-30の主なスペックと価格

<主なスペック(共通)> ■エンジン:e-SKYACTIV G ■トランスミッション:SKYACTIV-DRIVE(6EC-AT) ■燃料消費量(WLTCモード:15.6L(2WD)/15.1L(4WD) <価格> ■MX-30:242万円(2WD)/265万6500円(4WD) ■MX-30 100周年特別記念車:315万7000円(2WD)/339万3500円(4WD) ※価格はいずれも消費税込み

丸本社長からのメッセージ

マツダの代表取締役社長兼CEOである丸本 明は、次のように語っている。「MX-30は、もっと自由な発想で車を使いたいと願うお客さまに向けた、マツダブランドの幅を広げるモデルです。MX-30では、お客さまの自由な発想で、居心地の良い車内空間で、さまざまな使い方を楽しんでいただく、そのような「走る歓び」をお届けすることを目指しています」

-2020年ニュース
-, ,

Copyright© 自動車業界最前線|MaaS・CASE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.