2020年ニュース

ホンダeと日産リーフを比べてみた

投稿日:

ホンダとしては初となる量産電気自動車である「ホンダe」が2020年8月27日に発表され注目を集めている。発売開始は10月30日からとなる。2020年9月下旬の時点で、事前予約の段階で第1期の販売予定台数に達したため早々とオーダーストップとなっているほど人気だ。

高い!? それとも妥当!? ホンダeの価格は451万円〜。日産リーフ(約332 ...

 

ホンダeとリーフを比べてみた

ホンダe
ホンダeは全長3895×全幅1750×全高1510mmというボディサイズからわかるとおり、コンパクトクラスの電気自動車である。
モーターはリアに置かれるRRで、コンパクトクラスという車格もあり主にシティコミューターとして使われることを想定している。
バッテリー容量は35.5kWhと現代の電気自動車としては大きくない点もホンダeの特徴となっている。

リーフ
リーフは初代モデルが2010年に登場し、日本の電気自動車業界を牽引してきたミドルクラスの電気自動車である。
リーフは2017年に2代目モデルに移行し、オーソドックスなFFレイアウトとなる点などクルマの土台となるプラットホームは初代モデルと共通だが、バッテリー容量の拡大など全体的に正常進化を遂げている。
ボディサイズは全長4480×全幅1790×全高1560mmとなっている。
進化を遂げているバッテリーの容量は標準車の40kWhはホンダeとそれほど変わらないが、大容量のe+は62kWhと大きい。

ホンダeの価格と実力 ホンダ初の量産EVは可愛い!! でも高くない ...

女性受けしそうなカワイイ外観だ

価格

ホンダeは日本での年間販売計画台数が1000台と少ないことや電気自動車である点をプレミアム性としてアピールしており強気の設定だ。
価格は標準/451万円(補助金23万6000円、WLTCモード航続距離283km)、パワフルなアドバンス/495万円(同16万8000円、259km)と車格や航続距離を考えるとリーフと比較すると割高感は否めない。
いっぽうリーフはバッテリー容量40kWhの標準車/332万6400円(補助金42万円、WLTCモード航続距離/322km)からとなっているが、購入するなら運転支援システムプロパイロットが付き405万6800円のX Vセレクション以上だろう。 62kWhのe+(同42万円、458km)は441万1000円からと、こちらも安くはないが、車格や航続距離を考えれば納得はしやすい。
さらに現行リーフはお買い得感のある高年式低走行の中古車も流通しており、この点も含めると、価格面はリーフの圧勝だ。

新型EV「ホンダe」の価格が明らかに ドイツではおよそ350万円から ...

航続性能は一長一短

航続距離

航続距離は前述した数値とホンダe/街乗り中心、リーフ/エンジンの代替というコンセプトの違いもありリーフの圧勝だ。
なおホンダeの実際の航続距離は確認できていないが、現行リーフでの経験から両車カタログに載るWLTCモードの8割程度が目安だと予想される。
だが実際の使用を考えると、家庭での200V充電に掛かる時間は40kWhのリーフとホンダeは同等だが、リーフe+はバッテリー容量が大きいだけに1時間あたり6kWhで行っても12時間半(メーカー公表値)、通常の1時間あたり3kWhだと20時間は掛かると思われる
さらに長距離ドライブや出先での急速充電で充電できる電力量はリーフが30分で18~20kWh(130~150km分)なのに対し、ホンダeは30分でバッテリー容量の80%分充電可能とのことなので、25~28kWhの電気(180~200km分?)が1回の急速充電で充電できる。そのためホンダeは長距離ドライブでも結果的に意外に少ない急速充電の回数で目的地に到着できると予想される。

ホンダeの先進的なコックピット

高精細な大型モニターがインパクト大

内観

ホンダeのコックピットは、電気自動車らしい未来感あふれる作りとなっている。ズラリとならぶ液晶画面や「OK、ホンダ」の合言葉でいろいろなことができるインフォテインメント、木目パネルを多用したダッシュボードなどとても新鮮だ。
ドライバー席の正面には走行モードや電力情報などを表示する8.8型TFTメーターディスプレイ、運転席と助手席の間には「デュアルスクリーンタッチスクリーンディスプレイ」をレイアウト。その横には、ドアミラーの役割を果たす小型カメラの映像を映し出す「サイドカメラミラーシステム」が設置されている。
一方、リーフはキャビンとラゲッジスペースの広さは素晴らしいが、インテリアを見るとそれほど新しさを感じず、価格や車格を考えると安っぽさが否めない。好き嫌いは分かれるが、内観はホンダeが一歩リードといえる。

まとめ

それぞれにアドバンテージがあるこの2台だが、電気自動車として客観的、総合的に見ればリーフに分がある。
しかしホンダeは価格の高さという決定的な弱点があるにせよ、ミニやフィアット500のような独自のプレミアムなキャラクターを持つ点は大きな魅力だ。
ホンダeは価格面や性能面を改良し、今後の成長や展開を大いに期待したいところだ。

-2020年ニュース
-, , , , ,

Copyright© 自動車業界最前線|MaaS・CASE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.