2020年ニュース

トヨタとAWSが業務提携|トヨタグループにも拡大!

投稿日:

トヨタとAWSが業務提携を拡大しトヨタの「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」を強化

トヨタ自動車は8月18日、モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)の強化に向け、Amazon Web Services(AWS)と、グローバルでの業務提携を拡大すると発表した。
トヨタは、コネクティッドカーの普及に伴い、「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」とAPI(Application Programing Interface)を介し、コネクティッドカーから収集した車両データの車両の設計開発へのフィードバックを実施している。さらに、カーシェアやライドシェアといったサービスや車両メンテナンスの事前通知、運転挙動反映型テレマティクス自動車保険など法人及び個人向けのサービスとも連携させ、車両データに基づく安全・安心で快適な次世代のモビリティサービスをドライバーや乗客に提供していく。
今回の提携拡大により、AWSのグローバルインフラとAWSプロフェッショナルサービスを活用することで将来の膨大なトランザクションに備え、MSPFのビッグデータ蓄積・利用基盤を強化します。なお、包括契約の適用範囲をトヨタグループに広げ、車両ビッグデータをグループ各社で柔軟かつ安全に活用できる基盤を構築し、CASE時代に向けた準備を加速していく。

自動車向けソリューションを強化するAmazon

自動車向けのソリューションに力を入れているAmazon。2020年1月に開催された技術見本市「CES」では自動車向けソリューションの出展ブースを独立させ、音声アシスタント「Alexa」を搭載したランボルギーニの車両やカナダのEV企業「Rivian」のアマゾン用配送バンなどを展示したことからも力の入れようが読みとれる。
また同社は「AWSコネクテッドカーソリューション」を大きく打ち出しており、自動車メーカーやサプライヤーがサーバー管理のわずらわしさを感じることなく、コネクテッドカーのデータを収集、分析する仕組みを構築できるとしている。
一方でトヨタは2016年、外部のモビリティサービス事業者との接続を容易にするシステム上のプラットフォームとして「MSPF(モビリティサービスプラットフォーム)」を発表し、それを発展させることを念頭にモビリティサービス事業に取り組んできた。
トヨタは2010年代の前半から「クルマは個人が所有するものから利用するものに変化する」との危機感を持っており、MSPFは外部のモビリティサービスの提供者とオープンに連携し、そのプラットフォームをリードしていく必要があるとして構築された。

トヨタグループの巨大なトランザクションに対応

今回のトヨタとAWSとの提携拡大により、トヨタのMSPFのビッグデータ蓄積・利用の基盤をAWSのグローバルインフラとAWSプロフェッショナルサービスによって強化し、巨大なトランザクションに対応できるようにする。
この提携拡大の範囲はトヨタ自動車単体ではなく、トヨタグループ全体に広げるというのも興味深い。詳しいグループの範囲は明らかにされていないが、デンソーやアイシン精機などのほか、ダイハツや日野自動車にまでAWSの利用が広げられるとなると、その範囲は軽自動車からトラック・バスまで幅広いものとなる。

Microsoft・Amazon両社と提携

トヨタはもともとマイクロソフトとの関係が深く、2011年に業務提携して子会社が出資を受け入れている。クラウドも主にマイクロソフトの「Azure(アジュール)」を使ってきた。
その一方で、AWSとも17年に大口契約を結び、今回の提携拡大により対象をトヨタグループにも広げていく。
IT分野では大手企業を中心に複数企業のクラウドを併用する「マルチクラウド」が広がっている。特定のクラウド提供企業の制約を受けない体制を築くほか、各社の得意分野やコスト競争力が高い技術を組み合わせる狙いだ。トヨタの今回の取り組みにより、日本でもマルチクラウドの導入が加速しそうだ。
今回の発表ではマイクロソフトとの協業については言及はなかったが、AWSとAzureというライバル同士の2社とトヨタがどう関係を継続していくかも気になるところだ。

MSPF(モビリティサービス・プラットフォーム)とは? ←こちらの記事もチェック

-2020年ニュース
-, , ,

Copyright© 自動車業界最前線|MaaS・CASE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.