2020年ニュース

JR日本と東京海上日動が連携するMaaS保険とは?

投稿日:

JR東日本と東京海上日動は、MaaSの推進と新たな保険サービスの共同開発にむけた業務提携を発表した。様々な移動手段を、決済を含めてひとつのサービスとして統合するMaaSを推進し、新たなサービスや保険サービスの提供を目指す。

JR東日本の鉄道網や移動サービス、Suicaなどの生活インフラを支えるネットワークと、東京海上日動のデータやネットワークを組み合わせて、新たなサービスや保険を開発する。
具体的には、両者のサービスやネットワーク・データを連携させ、事故発生時にシームレスなSuica連携・MaaSサービス提供を行なう新たなサービス・保険商品を共同で研究・開発していく。また、JR東日本が展開する「モビリティ・リンケージ・プラットフォーム」などのMaaSサービスにおいて、保険サービスを共同で開発していく。

モビリティ・ランゲージ・プラットフォーム構想

協業の第1弾として、2020年冬にSuicaやMaaSサービス「Ringo Pass」と、東京海上日動のノウハウ・ネットワークを組み合わせた新たな保険サービスの開発に向けた実証実験を行なう。

都市型MaaSアプリ「Ringo Pass」とは?

JR東日本が提供する「Ringo Pass」アプリは、タクシー配車サービスの支払とシェアサイクルの利用をより簡単にすることができる。最初にクレジットカードとSuica(モバイルSuica)の情報を登録しておくことで、タクシー配車サービス「S.RIDE」における支払の手間と、主に都市圏に展開しているバイクシェアサービス(ドコモ・バイクシェア)の利用にかかる手間を減らすことができる。

RingoPassアプリの画面イメージ

タクシー配車については、地図上で現在空車の車両を見ることはできるが、実際の配車は「S.RIDE」で行う。別途インストールしたS.RIDEアプリを使って配車手続きをし、乗車した後、タクシー車内に掲示されているQRコードを本アプリで読み取ることで即座に支払を完了できる。降車時に運転手と料金についてやりとりすることなく、スムーズな乗り降りが可能となる。

どんな実証実験になる?

実証実験では、「事故発生時の新たな代替交通手段の形として、鉄道・バス・タクシー・シェアサイクル等の広範囲なモビリティサービスを、シームレス・キャッシュレス・ペーパーレスに提供する新たな保険サービス」に向け、東京海上日動の保険に加入する東京都内在住の利用者を対象に、ユーザビリティ検証を行なう。現在は、事故に遭った利用者の個別の事情等(怪我により自身で運転ができない等)にきめ細かく応えられないケースがあるが、実証実験を通じ、このようなケースに対する新たな選択肢を増やし、ユーザビリティがどのように変化するかを検証していく。

将来的には、「事故発生時の代替交通手段」として、利用者の個別の事情等に応じて、Suica連携による公共交通機関の利用やMaaSサービスを通じたモビリティサービスなどの選択肢も利用可能とするなど、価値ある保険サービスの開発を目指す。

-2020年ニュース
-, ,

Copyright© 自動車業界最前線|MaaS・CASE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.