2020年ニュース

Appleの「CarPlay」新車8割対応|トヨタも標準装備に

投稿日:

今や新車8割がAppleの「CarPlay」に対応している。トヨタでも新車の標準装備となり、BMWではiPhoneが自動車の鍵に代わろうとしている。MaaS時代にこのCarPlayは必須の装備になろうとしている。

「CarPlay」が新車市場を席巻

車載情報機器とiPhoneを連携させる米Apple(アップル)の「CarPlay」機能が新車市場を席巻している。同社によれば、世界の新車の約80%、米国ではなんと97%の新車がCarPlayに対応するという。アップルは2020年6月開催の開発者会議「WWDC20」でCarPlayの強化策を打ち出した。同社はMaaS(Mobility as a Service)の総合企業を狙い、着々と歩みを進めている。

CarPlayとは?

アップルがCarPlayを発表したのは今から6年も前の2014年3月である。対応する車載情報機器や車種は徐々に増え、今や多くの自動車で採用されるようになっている。CarPlayを利用することで、同機能に対応したiPhoneアプリを、車載ディスプレーを通じて利用できる。自動車業界の表現で言う、いわゆる「持ち込み機器」との連携である。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

「マップ」「電話」「ミュージック」「メッセージ」といったiPhoneアプリが車載ディスプレー上に表示され、ユーザーはアイコンをタッチしたり、車載機器のボタンを押したりすれば、各アプリを利用できる。例えばマップをカーナビとして、ミュージックをカーオーディオとして利用可能だ。音声対話機能「Siri」による操作にも対応する。

EVの経路案内を追加

 一連のCarPlay対応アプリの中で、最も利用頻度が高いのがマップによるナビ機能だろう。アップルは20年秋に正式リリース予定のiPhone次期OS「iOS 14」で、マップによる電気自動車(EV)向け経路案内を追加した。EVのバッテリー(2次電池)残量や対応する充電器の種類に応じて、自動的に充電スタンドの場所を経路案内に追加・表示する。経路案内は標高や天候のデータも利用するという。ドイツBMWや米Ford Motor(フォード・モーター)が、このEV向け経路案内への対応を表明した。

トヨタでも標準装備化に

トヨタ自動車は、ディスプレイ・オーディオ(DA)のオプションサービス「Apple CarPlay」「Android Auto」を標準装備化し、6月発売の新型車よりスマートフォンとの連携機能を強化することを発表した。
トヨタは既に標準サービスとして提供している「SmartDeviceLink」に加え、新たに「Apple CarPlay」と「Android Auto」を標準装備化することで、より多くのユーザーにコネクティッドサービスを利用できるようにする。
スマートフォンをUSBケーブルで接続することで、マップ、電話、メッセージ、音楽アプリをDA上で、誰もが気軽に利用できるようになる。運転中もハンズフリー通話や、音声による機能操作で、安心して使うことができる。本来なら自動車の車体にSIMカードなどが搭載され、車体やセンサー、車載アプリ等がネットに接続されるのがコネクテッドカーや「CASE」の目指すところだが、スマホを介して自動車とネットの親和性が向上するだけでも、一歩進んだと言える。
トヨタは「これからもコネクティッドサービスを通じて、お客様の「安全・安心」「快適・便利」なカーライフの提供に向け、コネクティッドカーならではの魅力づくりに取り組む」と発信している。

BMWの鍵がiPhoneになる!

アップルは2020年6月に新しいiPhone用のOS(iOS)やmacOSなどに関する発表を行った。そのなかでアップルは、2021年型BMW 5シリーズで、iPhoneをデジタルキーとする仕組みを導入すると発表した。この仕組みはiOS 14で導入される新しい機能(先にiOS 13でもサポートされる予定)で、iPhoneに搭載されているNFC(近距離無線通信規格、セキュアエレメントを利用して近距離で安全に通信できる仕組み、決済などに利用されている)を自動車の鍵にすることができる。BMW 5シリーズでデジタルキーのデモが行なわれた

 
デモではiPhoneをBMWのドアに近づけるとドアの鍵がアンロック(解錠)され、車内にiPhoneを置くことで、エンジンスタートスイッチを利用してエンジンを始動することができる様子が説明された。

iPhoneでBMW 5シリーズを解錠

また、このデジタルキーはiPhoneユーザーに対してオーナーから貸し与えたりする仕組みが用意されている。アプリからほかのユーザーに鍵の貸し出しを行なったり、その貸し出した鍵を無効にしたりということを行なうことができる。これにより、自動車の物理鍵が必要なくなるので、より安全に自動車を運用することができる。
カーシェアなどで自動車を貸し出す場合にも、これまでのように自動車の物理的な鍵を渡す必要がなく、デジタルキーだけを渡してレンタルが終了したらその鍵を無効にすればよいので、オーナーにとってはこれまでよりも安全にカーシェアを活用することができるようになる。
アップルによれば、2021年型のBMW 5シリーズは米国で来月から提供開始される予定になっているということだ。

-2020年ニュース
-, , , , ,

Copyright© 自動車業界最前線|MaaS・CASE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.