2020年ニュース

MaaSの新たなビジネスモデル|新サービス5選 

投稿日:

MaaS革命によりモビリティを起点にあらゆる産業が連携する新たなビジネスモデルが増えていくことが予想される。ここではMaaSの新たなサービスを5つ紹介する。

 

1.広告媒体としてのMaaSプロモーション

2018年12月、東京都内に「日清のどん兵衛」でラッピングされたタクシー車両が登場した。この通称「どん兵衛タクシー」は、どん兵衛専用のラッピングと内装が施されているだけでは無い。ディエヌエーが開発した配車アプリ「MOV」を利用して配車すれば、タダで目的地まで運んでくれる。

DeNAが提供する、次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」は、12月5日からの東京都内でのサービス開始に伴い、新たな移動体験を様々な形で実現する取り組み「PROJECT MOV」を始動。
第1弾として「0円タクシー」の走行を開始した。0円タクシーは、多くの人により気軽にタクシーを利用してもらうための取り組みで、契約スポンサーとMOVの広告宣伝費によって乗車料金を無料にするフリービジネスモデル。スポンサーは、MOVで配車できるタクシーの車体ラッピングや、車内での自社商品/サービスの宣伝を通じて、認知獲得や購買に繋げる。タクシー車内はプライベート空間で自由度も高く、乗客と直接接触できる効果的な広告媒体となる。

利用客は空車の0円タクシーが乗車可能範囲内にあれば配車でき、無料でタクシーを利用できるだけでなく、スポンサーの新商品や新サービスなどの情報をいち早く入手/体験できる。一方、タクシー事業者は、これまでタクシーを利用していなかった層の取り込みが期待できるほか、契約スポンサーとMOV両者からの広告宣伝費によって通常通りの乗車料金分が支払われるため、新たな収益モデルの構築に繋がる。利用方法は、MOVアプリを起動して周辺を空車で走行中の0円タクシーのアイコンを確認し、タクシー会社選択画面からどん兵衛タクシーを選択するだけ。どん兵衛タクシーの利用客は利用料金が無料となる。

 

2.自動運転の宅配ピザ

海外では将来の自動運転時代を見越した取り組みも始まっている。例えば米ドミノピザは、米国ミシガン州アナーバーにおいて、米フォードモーターの自動運転車を使ったピザの宅配実験を実施している。実験車両には、ピザを収納する箱が取り付けられていて、注文主がコードを入力すればピザを取り出すことができる。

自動運転でピザ配達、それは近い未来かもしれない…?米でドミノ・ピザが試験を実施

さらに自動運転技術「nuro」社との提携によって自動運転ピザ配達のパイロットテストを開始した。自動運転車の利用はオプトイン方式で、WEBで注文した人にはチェックアウト時に自動運転オプションが提示され、選択すると到着した車のドアを開けて美味しいピザを受け取るための暗証番号が渡される仕組みだ。ピザ宅配での実現にむけた技術が進みつつある。

 

3.自動運転による宅配

米食品宅配ベンチャーのPostmatesもフォードモーターの自動運転車による配送実験を実施している。実験の目的は、自動運転車による物品の宅配現場において、利用者の使い勝手を確認すること。利用者は、タッチパネルを操作して車両内のロッカーを開閉し、物品の格納/取り出しを実行する。

封鎖した辻堂海浜公園東駐車場内をドライバーレスで自動運転走行した様子

日本国内でも実証実験が進んでいる。「ロボネコヤマト」は、車内に保管ボックスを設置した専用EV車両を使用し、AIによる配送ルートの最適化を行うことで、お届けの時間帯を10分刻みで指定できる次世代物流サービスだ。宅急便の荷物を望む時間帯に望む場所で受け取ることができるオンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、地元商店の商品を事前にインターネット上で一括購入し、運んでもらうことができる買物代行サービス「ロボネコストア」の2つのサービスを組み合わせて提供する。

 

4.生鮮食品の無人移動販売

MaaS時代になると、店舗が自動運転車両となって利用者からの呼び出しに応じるという事業も考えられる。例えば米ロボマートは、完全自動運転の無人型移動販売店舗「Robomart」試作車を開発した。試作車は冷蔵室、無線給電機能、無人販売を実現するための決済システムを備えた自動運転EVだ。
車両はスマホアプリで利用者の近くに呼び出して買い物を楽しむことができる。ワンボックスカーのような外観を持つRobomartの側面には、スーパーマーケットの食料品売り場のように野菜や果物を陳列する冷蔵システムが搭載される。陳列スペースは約2立方メートルで、50~100品目の食品が置けるという。

5.ネットスーパー利用者の送迎サービス

自動運転車を活用した送客の実証実験も始まっている。取り組んでいるのは米大手スーパーマーケットチェーンのウォルマート。グーグル(Google)の自動運転車開発部門「ウェイモ」と提携し、自社のネットスーパーを利用して店舗での受け取りを希望した顧客に対して、自動運転車を用いた送迎サービスを提供している。
顧客はネット注文した商品を、自宅に迎えに来るウェイモの自動運転車に乗ってウォルマートの店舗に取りに行く。
この実証実験を通してネットスーパーの利便性を高める知見を獲得し、今後の事業に役立てる予定だ。

-2020年ニュース
-, ,

Copyright© 自動車業界最前線|MaaS・CASE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.