すべての記事

トヨタのオンライン商談「MyTOYOTA」

投稿日:

トヨタは、オンライン上で販売店スタッフとのやり取りや見積もりなどが可能となる「オンライン商談」を2020年5月28日から全国開始した。トヨタにはこれまでオンラインサービスはあったが、どのような部分が異なるのだろうか。

トヨタのオンライン商談「MyTOYOTA(マイトヨタ)」スタート

トヨタは、2020年5月28日から公式サイト上の新しいサービスとして「オンライン商談」を開始した。
もともとトヨタではオンライン上で利用出来るサービスとして、「販売店検索」、「試乗予約」、「オンラインシミュレーション(概算見積もり)」があった。今回、新たな取り組みとしてスタートするのは「MyTOYOTA(マイトヨタ)」という、お店とつながるサービスだ。このMyTOYOTAは、トヨタ/レクサスで使用可能な共通IDを取得することで、販売店とのやり取りがオンライン上で可能となる。
また、従来の本体価格とオプション価格だけのオンラインシミュレーション(見積もり)ではなく、店頭と同等の見積もり(諸費用や下取り、値引き)を含めた、商談が可能となった。

WEB上でお店と同じプランの見積りシミュレーションが可能に

オンライン上でも実際の販売店スタッフとやり取りをおこなうため、一律の定型化した見積もりではなく、ユーザーそれぞれに沿った見積もりや支払いプランの作成が可能となった。
しかし、コミュニケーションは自体は、販売店のスタッフと直接リアルに話しができるような、いわゆる一般的にいう「オンライン商談」のイメージとは異なる。販売店との個別のやり取りがWEB上で可能になるイメージだ。

オンライン商談の概要や開始した背景について、トヨタは次のように説明している。

――オンライン商談のサービス概要を教えて下さい。

2020年5月28日から全国でオンライン商談を開始しました。当初は、170社程度ですがそのほかの販売会社・販売店でも順次開始していきますが、スタート時点ではトヨタ車のみでレクサス車は検討中です。
また、現時点ではあくまでも商談までがオンラインでおこなえるので、最終的な購入契約は販売店でおこないます。ただし、将来的にはオンライン上で契約までおこなえるようにしていきます。

――オンライン商談を開始したきっかけを教えて下さい。

タイミング的には、新型コロナウイルスの影響によるものと思われがちですが、その前から検討されていました。
大きな要因として、以前から非接触サービスの導入についてお客さまから要望を頂いていました。そのお客さまの声が多くなってきたことで実施に至ります。最近では新車を購入する際、販売店に来店される前には欲しい車種やおおよその金額感を把握しているお客さまが多くなっています。
そのような背景もあり、販売店に来店する前に出来る部分を『オンライン商談』で可能にしました。

自動車販売のオンライン化は加速するのか

近年、さまざまな業種でオンラインサービスの取り組みが活性化し、直近の日本でも緊急事態宣言解除後、各地で「新しい生活様式」の取り組みが始まっている。
実際に首都圏の販売店スタッフは「オンライン上で出来ることが増えることにより、お客さまとのやり取りがよりスムーズになります。電話だと聞きづらいという相談ごとも気軽に聞いて頂けますので、これまでとは違う新車購入のあり方になると期待しています」と語った。
アメリカや中国では、オンライン上での自動車販売が一気に加速している。
これまでクルマを購入するには、販売店に出向いて車種やオプション、支払い方法を検討することが当たり前であった。
コロナウイルスの影響で、クルマの売り方・買い方がが変わっていくのは必然であろう。

-すべての記事
-, , ,

Copyright© 自動車業界最前線|MaaS・CASE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.