2020年ニュース

MONETがMaaSプラットフォームの本格運用を開始

投稿日:

MONETプラットフォームやマーケットプレイスを組み込んだサービスイメージ ※MONET プレスリリースより

MONETがMaaSプラットフォームの本格運用へ APIマーケットプレイスも開設

MONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ 以下、MONET)は、企業や自治体のMaaSの実現を支援するデータ基盤やAPIなどを備えた「MONETプラットフォーム」の機能を拡充し、4月27日から本格運用を開始すると発表。また、オンデマンドバスの配車システムをはじめ、天気・観光・地図情報などのデータやシステムのAPI(Application Programming Interface)を提供する「MONETマーケットプレイス」を、「MONETコンソーシアム」に加盟するシステム開発企業・団体向けにプレオープンすることも併せて発表した。

MONETプラットフォームとは、「車両データや移動データなどを集約するデータ基盤と、さまざまなデータやシステムのAPIなどを提供する『MONETマーケットプレイス』を備えた、MaaSの実現を包括的に支援するプラットフォーム」。(MONET プレスリリースより)
これまでにオンデマンド配車システムの提供を行っており、自治体や企業で実証実験を行うなど、実用化に向けた取り組みが進んでいる。自治体においては、実証実験などで収集した移動データなどを、データ基盤へと蓄積し、サービスや利便性の向上に活用しているという。


併せて発表した「MONETマーケットプレイス」については、プレオープン時にAPIを試験的に無料提供することを明かした。対象となるのはオンデマンドバスの配車システムや、オンラインサービスを利用したクレジットカード決済・チケット機能のほかに、天気予報データ、観光スポット情報、地図・位置情報など。

また、今年の夏を目途に一般企業向けにもマーケットプレイスをオープンする方針で、複数のAPIなどを組み合わせ、すぐにMaaS事業を開始できる開発不要のパッケージの提供を予定しているとのことだ。さらに他企業・団体によるAPI提供も受け付ける方針で、開始時期などの詳細が決定次第、ウェブサイトなどで発信する予定。

■参考:「MONETマーケットプレイス」プレオープン期間の無料提供API

・オンデマンドバス

オンデマンドバスの運行に必要な予約や運行管理などのAPIをまとめて提供。

・決済
SBペイメントサービス株式会社のオンライン決済サービスを利用して、クレジットカード決済が可能に。今後は各種電子マネー決済への対応も予定している。

・チケット
予約情報や決済情報を基に、乗車券や入場券として利用できるQRコードを発行。

・天気予報 API(株式会社ウェザーニューズ)
全国の天気予報を1時間ごとに取得できるAPIと、指定した場所の最寄りの観測地点における過去の観測値データを、2008年までさかのぼって取得できるAPIを提供。

・るるぶDATA API(株式会社JTBパブリッシング)
旅行情報誌『るるぶ情報版』に掲載されている全国観光スポットの情報や、イベント情報、温泉地、観光視点で区切った日本全国のエリア体系などの情報を取得できるAPI。

・いつもNAVI API(株式会社ゼンリンデータコム)
多彩な地図・位置情報サービスをウェブサイトやスマホアプリなどに実装するための開発ツールがセットになった、エンタープライズ向けサービス。

■参考:近日提供予定のAPI
・iTrust本人確認サービスAPI(サイバートラスト株式会社)
マイナンバーカードと公的個人認証サービスの活用により、犯収法(犯罪収益移転防止法)に対応したオンラインでの本人確認や現況確認を実現するサービス。

・Loogia(株式会社オプティマインド)
AI(人工知能)を活用してラストワンマイルの配送ルートを最適化する、配送および輸送事業者向けのクラウドサービス。

・Maps API(Mapbox)
高品質な位置情報・地図情報をアプリに実装するための、簡易で柔軟なカスタマイズを可能にするサービス。

-2020年ニュース
-, , , ,

Copyright© 自動車業界最前線|MaaS・CASE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.