テクノロジーが変える、クルマの未来

自動車業界最前線|MaaS・CASE

自動車業界全体

JR東日本 2020年4月から群馬県で観光型MaaSの実証実験をスタート!

投稿日:

JR東日本は観光型MaaSの実証実験を群馬県の大型観光キャンペーン「群馬デスティネーションキャンペーン」の期間中に行うと発表した。具体的には、群馬県を中心とした指定の鉄道路線が2日間乗り降り自由となるフリーパスを、従来の「紙のきっぷ」ではなくスマートフォンを使用した「デジタルフリーパス」として発売するものだ。


JR東日本は、2020年4月1日~6月30日の期間、群馬県を中心とした観光型MaaS「ググっとぐんMaaS」の実証実験を実施する。
このサービスは、アプリのダウンロードは不要でスマートフォン専用のウェブサービスとなっている。
主な提供サービス内容は、JR東日本アプリと連携した現在地から目的地までの経路検索や、地図上に観光地や飲食店を表示する検索機能、駅レンタカーの予約、デジタルチケットの販売など。
また、この実証実験では、今まで展開してきた実証実験での経験を踏まえ、新たに「モバイルSuicaによる決済サービス」「旅行プランニングサービス」を提供する。

モバイルSuicaによる決済サービス」では、群馬県を中心とした指定の鉄道路線が2日間乗降り自由となるフリーパス「ググっとぐんMaaS WEST・EAST」をデジタルチケットとして発売。オプションとして上信電鉄や秩父鉄道、路線バスのフリーパスも発売する。観光名所を巡るタクシー観光チケット「駅から観タクン」、草津温泉の日帰り入浴施設の入浴券もデジタルチケットとして販売する。

「旅行プランニングサービス」では、行きたい観光スポットなどを選ぶだけで移動方法と所要時間を自動的に計算し、簡単に旅行計画を作成することができる。目的地を追加もしくは削除すると移動手段も再計算されるため、行程中の計画変更などが簡単にできる。その他、これまでの実証実験でも提供した、JR東日本アプリとの連携による現在地から目的地までの経路検索、観光地や飲食店情報などの地図上への表示、駅レンタカーの予約といった機能も引き続き提供する。

MaaSに積極的なJR東日本

JR東日本は日本の中でもMaaSに積極的な企業のうちの一社だ。2017年9月に「モビリティ変革コンソーシアム」を設立し、MaaSをはじめとする次世代のモビリティについての議論を進めており、これまでに全国各地で実証実験を行ってきた。
2018年8月には、Suicaとスマートフォンアプリを連携させたMaaSサービス「Ringo Pass」の実証実験を東京都内でスタートし、2019年春から伊豆エリアでは観光型MaaSの実証実験に取り組んでいる。今年に入ってからは小田急電鉄とヴァル研究所とともに東京の立川駅エリアでアプリを使ったMaaS実証に取り組んだ。
MaaSを推進するための体制作りにも余念がない。2019年4月にはMaaS事業の企画や立案を行う「MaaS推進部門」を新たにつくり、11月にはMaaS構築に向けた共通基盤を作る国際組織「MaaS Alliance」に加盟したことを発表している。同組織への加盟は日本の鉄道事業者としては初のことだった。
MaaSの最終形は、さまざまな交通機関を統合するサービスだと言われている。その交通機関の中でも鉄道は大量輸送サービスとして引き続き重要な役割を果たす。こうした背景もあり、JR東日本は引き続きMaaS関連の取り組みに力を入れ、来たるMaaS時代に備える。

-自動車業界全体
-,

Copyright© 自動車業界最前線|MaaS・CASE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.